TOP


PXDOC(ピーエックスドック)は、Web上でSVG(XML)ファイルを高速に印刷できる印刷専用ソフトです。
帳票からポスターまで、複雑なレイアウトでも、動的に、高速に、正確にブラウザーから印刷できます。

様々なデザインソフトでデータを作成できるので、文字だけでなく、画像の貼り付け、様々な形状の表現、文字修飾、 レイアウト変形などが自由自在。
データはテキスト(XML)なので書換えも簡単。開発の期間短縮・コスト削減もできます。

また、XMLデータを生成するだけなので、印刷専用のサーバ製品も不要。
サーバメンテナンスのリスクやコスト、マイグレーションによる作り直し工数も低減できます。

PXDOC2 を Firefox でお使いの方へ


2017年3月出荷のFirefoxバージョン52ではPXDOC2がご利用いただけなくなりました。
これは、PXDOC2で使用しているNPAPI技術が該当のバージョンからサポートされなくなるためです。
以下のいずれかの対応をご検討ください。

1 Internet Explorerを使用する
2 Firefoxの自動更新を停止して、以前のバージョンを使用する
3 次期バージョンPXDOC3にアップグレードする

※ PXDOC3は現在出荷に向けて準備中です。
※ PXDOC3について詳しくは、近日ご案内させていただきます。

Firefox におけるNPAPI 技術のサポート終了についてはこちらをご覧ください

PXDOC を使うと、レンタルサーバーや既存の動作しているサーバーでも、Web上から帳票等の印刷を実現できます。

PXDOC は表示・印刷するPC側にインストールし、サーバーへの特別なソフトのインストールは必要ありません。 データファイルはテキスト(XML)なので、CGI,PHP,ASP,JSP等の既存の仕組みと製作ノウハウでリアルタイムに印刷物を生成する事が可能です。 サーバの負荷はWEBページを表示する負荷と同じ程度で済みます。社内、社外のWEB上でできる内容の幅が簡単に広がります。

帳票印刷データファイル - SVGに対応 -
PXDOCで使うファイルはXML(テキスト)形式です。
データファイルの内容は分かりやすい形式で、HTMLのようにテキストエディタで作成可能です。 (詳しくはhttp://www.pxdoc.com/を参照)
しかも、複雑なレイアウトを作成したい場合は、イラストレータやOpenOffice等のSVG形式を出力できるソフトを使っても作成できます。
SVGはW3C(http://www.w3.org/)で策定されている仕様です。
仕様の日本語訳はこちらから参照できます。

複雑な帳票印刷も応える表現力
PXDOC は縦書き横書きの文字、直線、四角形、円、点線はもちろんの事、曲線、円弧、回転、縮小拡大、半透明処理、JPEG・PNG等の画像、グラデーション、マスク処理、曲線に沿った文字描写、バーコード等の描写に対応。 複雑な処理が既に用意されているので、少ないタグを書くだけで複雑な帳票やドキュメントを描写する事ができます。今後も対応機能を増やしていきます。

帳票印刷の導入コスト削減
PXDOC は、サーバーには特別なソフトをインストールする必要ありません。
リアルタイムな帳票データ作成には既存のCGI,PHP,JSP,ASPで可能なので、HTMLを生成するのと同じテクニックで作成でき、レンタルサーバーでも十分に実現できます。難しいソフトや技術を導入する必要はありません。 しかもテキストデータなので、帳票デザインもテキストエディタで作成可能。複雑なデザインは、デザイナーが使い慣れているソフトで作成する事だって可能なのです。
既存のソフト、既存の技術、既存のサーバーでWEB帳票印刷が実現できて、導入コスト削減できます。


◇文字:縦書き、横書き、回転、均等配置、センタリング、終端寄せ、横倍、中抜文字、自動折返し、下線、取り消し線、外字
◇描写:グラデーション、半透明、拡大縮小、移動、点線、クリッピング
◇図形:直線、曲線、長方形(角丸み)、楕円、パス
◇画像:BMP,JPEG,Exif,PNG,TIFF,GIF
◇自動削除
◇印刷許可
◇保存許可
◇目次
◇自動プリンタ選択
◇プリンタの印刷ズレ位置補正
◇FAX送信(FAXドライバをインストールされている条件で)