TOP


PXDOC 概要

PXDOC(ピーエックスドック)は、Web上でXML(SVG)ファイルを直接印刷できる印刷専用ソフトです。
基幹システムの帳票印刷だけでなく、グラフィカルなポスターにまで利用することができます。

XML形式のテキストファイルを使用するので、プログラムによる書き換えが容易です。従って開発の期間短縮・コスト削減にもつながります。
特に、テンプレート方式で印刷内容を変更し、出力するような帳票印刷には大変便利です。

サーバー側で生成されたXMLデータは、ブラウザを経由して、クライアントPCのPXDOCに送られます。
クライアントPCのPXDOCがXMLファイルを判断して、プリンター用の印刷データに直します。サーバーは、XMLデータの加工以外のCPU時間・ディスクI/Oは使用しません。 印刷専用のサーバーは必要ありません。レンタル型のクラウド環境での構築には大変に有益です。
サーバのメンテナンス費用や構築など諸費用を大きく低減できます。

複製可能なPDFファイルに比べるて、PXDOCは、所定のサーバーから印刷指示されたときのみ、印刷することができますが、 ローカルPCや別サーバーに印刷ファイルがあっても印刷することができません。
印刷枚数やプリンターを制限することもできます。印刷完了をサーバーに通知することもできます。
これらの機能は、基幹システムでの帳票印刷や特殊アプリケーションにおける印刷等には必ず必要な機能になります。 たとえば、領収書など厳密に枚数や印刷回数を管理しなければいけないものにもご利用いただけます。

自動印刷機能を使用すると、印刷プレビューや印刷ダイアログを出さずに、印刷を行うことができます。
印刷ダイアログ等を出さずに、印刷したいアプリケーションにご利用いただける便利な機能です。

帳票印刷データファイル - SVGに対応 -
PXDOCで使うファイルはXML(テキスト)形式です。
データファイルの内容は分かりやすい形式で、HTMLのようにテキストエディタで作成可能です。
しかも、複雑なレイアウトを作成したい場合は、イラストレータやOpenOffice等のSVG形式を出力できるソフトを使っても作成できます。

複雑な帳票印刷も応える表現力
PXDOC は縦書き横書きの文字、直線、四角形、円、点線はもちろんの事、曲線、円弧、回転、縮小拡大、半透明処理、JPEG・PNG等の画像、グラデーション、マスク処理、バーコード等の描写に対応。 処理が既に用意されているので、複雑な帳票やドキュメントを作成することができます。

帳票印刷の導入コスト削減
PXDOC は、サーバーには特別なソフトをインストールする必要ありません。
リアルタイムな帳票データ作成には既存のCGI,PHP,JSP,ASPで可能なので、HTMLを生成するのと同じテクニックで作成でき、レンタルサーバーでも十分に実現できます。難しいソフトや技術を導入する必要はありません。 しかもテキストデータなので、帳票デザインもテキストエディタで作成可能。複雑なデザインは、デザイナーが使い慣れているソフトで作成する事だって可能なのです。
既存のソフト、既存の技術、既存のサーバーでWEB帳票印刷が実現できて、導入コスト削減できます。